小浜温泉バイナリー発電所

高温で湧出量が豊富なため温泉バイナリー発電に最適!

小浜温泉はマグマ溜りに近い場所に位置しており、高温で豊富な湯量を誇っています。27ヶ所ある源泉からは、泉温:約100℃の温泉が一日あたり15,000t(625t/時)湧き出ていますが、その70%以上が未利用のまま海へ排出されています。小浜温泉バイナリー発電所は、この未利用熱エネルギーの有効活用を目的として2013年4月に設置され、環境省の実証事業ののち、シン・エナジー(旧:洸陽電機)が買い取り、2015年9月に事業化を果たしました。

〒854-0517 長崎県雲仙市小浜町マリーナ8-1

point 1

環境にやさしい!

温泉水の熱を利用するため、CO2を発生しない環境にやさしいクリーンな発電方法です。

point 2

未利用温泉水の有効活用!

これまで未利用となっていた温泉熱を有効活用することにより発電しています。

point 3

大規模な地熱発電に比べて建設費用が安価!

新たに井戸を掘削する必要が無く、小規模から発電が可能なので、建設費を安価にすることができます。

point 4

安定的に発電!

太陽光発電、風力発電のように天候や気候の影響を受けることが少なく、24時間安定した発電が可能です。

温泉水の熱エネルギーを利用し、
沸点の低い媒体を蒸発させて発電を行います

これまで、未利用だった100℃前後の温度域からのエネルギー回収および有効利用による“省エネ”と、再生可能エネルギーから発電することによる“創エネ”での地域貢献が期待されています。

坑口熱交換で
湯の華メンテナンス激減!

源泉井戸のそばで熱交換を行い、高圧のまま一気に温度を下げることで、温泉特有のスケール問題を軽減させました!

発電機のリニューアルで売電量30%UP!

発電機を、源泉の規模にあった発電機へリニューアルすることで、発電効率が高まり、売電量が向上しました。

排温泉水の2次利用

お湯の温度が少し下がっただけなので、浴用としての利用や、農業・養殖用の熱源などにまだまだ利用できます。

無人連続運転で運転データを遠隔管理!

運転データをWEB上で遠隔管理し、発電所の無人化を実現しました!発電機の異常停止時は源泉元弁も自動閉止で安心です!

海水冷却で冷却用電力が1/3に!

【日本初!】

護岸ケーソンの背面より海水を取水し、冷却用水を確保しています。クーリングタワーを使わず、冷却に海水を使用することで、水代の節約と所内の動力減に貢献しています!

■発電の流れ

■発電量

発電所視察・見学受付中

「小浜温泉ジオツアー」 by 小浜温泉観光協会


まち歩きの中で発電所をご見学いただくことができます。

■流れ
発電のしくみの説明と施設見学。 30分
ガイドと小浜の歴史や観光スポットを巡ります。 30分
終了後は日本一の長さ105mの足湯で至福のひとときを
■受け入れ条件:
 実施可能日:平日
 開始時間:9時/16時
 所要時間目安:60分
 料金:1000円(20名以上10%割引)
 料金には資料代等を含む
■集合場所:
小浜温泉バイナリー発電所
(長崎県雲仙市小浜町マリーナ8-1)

温泉熱によるバイナリー発電について現地でしっかりご説明いたします

申込方法

小浜温泉ジオツアーについて詳しくは小浜温泉観光協会にお問い合わせください。
HP:http://www.obama.or.jp
長崎県雲仙市小浜町北本町14-39
TEL:0957-74-2672/FAX:0957-74-2884
E-mail:info@obama.or.jp

関連したプレスリリース、掲載記事