最新情報

2021.01.20

三井住友ファイナンス&リースと資本業務提携しました

三井住友ファイナンス&リースとの資本業務提携について
~脱炭素社会の実現に向けて、再生可能エネルギーエンジニアリング事業を中心に協業~

 

このたび、シン・エナジー株式会社(神戸市中央区、代表取締役社長:乾 正博/以下、当社)は、三井住友ファイナンス&リース株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:橘 正喜/以下、SMFL)とエネルギーサービス事業にかかわる業務協定を締結しました。
また、当社は自社の発行済み株式の一部をSMFLに譲渡することとし、12月18日付で株式売買契約を締結しました。

当社は、「未来の子どもたちからの『ありがとう』のため、生きとし生けるものと自然が共生できる社会を創造します」という経営理念の下、再生可能エネルギーを中心とした電源開発・施工を行うエンジニアリング力に強みを持ち、さらには電力小売りも提供しています。
地域への貢献を重視した事業開発により、電力の地産地消モデルを含め地域におけるエネルギーのあるべき姿を見据えた事業活動で成長を続けています。

SMFLは、同社の目指す姿(Our Vision)の一つにSDGs経営を掲げ、環境を重点課題に位置づけ、企業の環境負荷軽減への取り組みを支援しています。
また、モノを扱うリース会社の特性を生かしたビジネスを通じて、循環型社会の実現に貢献しています。
再生可能エネルギーへの取り組みでは、各種発電設備へのリースをはじめとするファイナンスサービス、さらにクリーンエネルギーやエネルギーサービスなど様々なソリューションをワンストップで提供しています。

当社とSMFLは今回の資本提携を通じ、今後長期に亘る戦略的パートナーとして、再生可能エネルギーエンジニアリング事業を中心に協業し、相互に事業発展を目指してまいります。

⇒ ニュースリリース(PDF)

【会社概要】
三井住友ファイナンス&リース株式会社
代表者:代表取締役社長 橘 正喜
所在地:東京都千代田区
設立:昭和38年2月
事業内容:各種物品の賃貸・延払事業、営業貸付事業、その他、各事業に関連するサービス等
資本金:15,000,000,000円

シン・エナジー株式会社
代表者:代表取締役社長 乾 正博
所在地:兵庫県神戸市
設立:平成8年12月
事業内容:エネルギーを基軸とした地域のプロデュース&エンジニアリング、再生可能エネルギー開発、電力販売
資本金:367,250,775円