ニュースリリース

2018.04.02

青森県七戸町で 最大出力19.6MWのメガソーラー建設に着手

オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)とシン・エナジー株式会社*1(本社:兵庫県神戸市、社長:乾 正博)は、このたび、青森県七戸町で、最大出力19.6MW19,631.6kW)の大規模太陽光発電所「七戸町卒古沢太陽光発電所」の建設に着手しましたので、お知らせします。

本発電所は、青森県七戸町卒古沢地区の約48haの土地を活用し、20201月に運転を開始する予定です。201712月より準備工事などを始め、このたび本格的に着工しました。

事業主は、オリックスとシン・エナジーが出資する「合同会社青森七戸メガソーラー発電所」で、本事業を推進するにあたり、保守・メンテナンス関連業務を地元企業に委託するなど、雇用の創出などにより地域貢献を図ってまいります。

オリックスは現在、土地を活用するメガソーラー事業において最大出力839MW、屋根設置型太陽光発電事業においては最大出力154MW、合計約990MW*2の発電所の開発および運営を手掛けています。また、シン・エナジーは、合計出力約60MW*3の太陽光発電所の開発・運営をはじめ、さまざまな再生可能エネルギーの開発に取り組んでいます。オリックスとシン・エナジーは、今後もそれぞれのノウハウを生かし、再生可能エネルギーの普及に貢献してまいります。

 

*1 株式会社洸陽電機は2018年4月1日にシン・エナジー株式会社に社名変更いたしました。

*2  2017年3月末現在 *3  2018年3月現在

 

■事業概要

発電所名 七戸町卒古沢太陽光発電所
所在地 青森県上北郡七戸町卒古沢
出力規模(モジュール容量) 19,631.6kW
設置面積 約480,000㎡
パネル枚数 約58,000枚
年間予想発電量 約20,000,000kWh

一般家庭約5,550世帯分の年間消費電力に相当*

事業主 合同会社青森七戸メガソーラー発電所

(オリックス株式会社65%、シン・エナジー株式会社35%)

施工会社 大林道路・シン・エナジー共同企業体
保守・管理会社 シン・エナジー株式会社
着工日 2018年4月1日
運転開始時期 2020年1月

 

*世帯当たり3,600kWh/年で算出。出典:電気事業連合会「電力事情について」

adobepdf【リリース】七戸・卒古沢メガソーラー