第2回「持続可能なまち」絵画コンテスト

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

今回はお題として「食」と「エネルギー」のカテゴリをもうけ、自分たちが暮らすまちの魅力を改めて考えてもらう機会としました。野菜や海産物など、まちの特産品を力いっぱい描いた作品や、自然や動物、昆虫と暮らす様子を描いた作品など、どれも魅力に溢れていました。また、子どもたちが遊ぶことで発電をしたり、川の水から発電をしたり、いろんなものを活かしてエネルギーをつくるアイディアが寄せられました。色とりどりの作品のように、皆さまの想いが未来のまちを彩ってくれれば、これ以上嬉しいことはありません。

小学生部門 受賞作品学年は2019年9月時点


クリックで拡大

最優秀賞
『人間の力、自然や昆虫の力を合わせた未来』
池内 智紀(いけうち ともき)さん 小学3年 大阪府

お題:エネルギー

人間の力で昆虫を大きく育て働き者の昆虫の力を借り人や荷物を運び、昆虫が喧嘩をして電気を起こし、飛び立ってエネルギーを起こし、時には公園で子供と昆虫が遊んでいる未来

選評

緑が生い茂り、人間と昆虫が協力しながら生活する、夢の溢れたまちです。昆虫が自由に空を飛んだり、手紙を運んだりと、見ているだけでワクワクする作品ですね。また、カラフルな色使いに元気がもらえます。


クリックで拡大

優秀賞
『わくわくエネルギー公園』
川岬 百華(かわさき ももか)さん 小学5年 兵庫県

お題:エネルギー

遊具で楽しく遊んでいるだけで、発電できる公園です。子どもも、発電に協力することができるのでたくさん遊んでいっぱいエネルギーをつくってほしいです。

選評

子どもたちが思いっきり体を動かし、楽しそうに遊んでいる様子が伝わってきます。トランポリンで遊ぶと発電できるというアイディアも素敵です。まちの中には畑や牧場があり、自然と共生していることが分かりますね。


クリックで拡大

佳作
『道案内ロボット』
山岸 璃子(やまぎし りこ)さん 小学1年 東京都

お題:エネルギー

かわのながれですいしゃかいてんさせてでんきをつくります。でんきをつかってロボットをうごかします。そのロボットが、あさくさのまちをあんないします。

選評

東京・浅草のまちで道案内ロボットが大活躍しています。ロボットは、隅田川の水から発電した電気をつかっているなど、地域の資源を大切にしていますね。そして、このまちが大好きだという気持ちが伝わってきます。


< 入 選 >


  • 『しぜんとこん虫』
    小学2年 大阪府

    お題:エネルギー

    しぜんとこん虫の絵をかきつづけられる町


  • 『オオタカのまち』
    小学2年 京都府

    お題:エネルギー

    城山台の良い所は子供が多いところ。子供の運動、勉強エネルギーや、ぼくの父の筋トレエネルギーで電気をつくって、オオタカが住みやすくしたいです。


  • 『食べ物いっぱいの街』
    小学5年 大阪府

    お題:食

    街中に野菜や果物があふれ、みんながいつでも収穫できて、健康で笑顔のあふれる街になればいいなと思って描きました。


  • 『2040年の大阪市』
    小学6年 大阪府

    お題:エネルギー

    2040年の大阪市には、立派な大阪城が残っていて、きれいな海があります。省エネにも取りくんでいるため、太陽光パネルや風車ができています。


  • 『さい害にも強い街づくり』
    小学3年 大阪府

    お題:エネルギー

    地しん、火事、たつまき、火山、かみなり、大雨などのさい害ででる自然エネルギーを電力にかえることで私たちの生活にうまく利用して街を守りながら、より良い街ができるといいなと考えました。


  • 『動物と仲よし!!自然ゆたかな町』
    小学5年 島根県

    お題:エネルギー

    ぼくの書いた町は、地下のようがんで物をやいたり、あたためたりします。そして地ねつはつでんをして大きな電池にためます。なにより動物と共存し、より安全安心な町にしました。

中高生・一般部門 受賞作品年齢は2019年9月時点


クリックで拡大

最優秀賞
『植物の光合成から電気を生み出す』
中村 勇人(なかむら いさと)さん 61歳 大阪府

お題:エネルギー

光合成で生み出すエネルギーから電気を生み出せれば、街に地球にやさしく暮らして行けるかな。奪い合いや戦争を減らせるかな。

選評

しっかりとした線とシンプルな色使いで、とても印象的な作品に仕上がっています。学校などの建物や船が植物の光合成を利用した電気で動いています。自然と共に生き、自然の力を活かした素晴らしい未来のまちの姿です。


クリックで拡大

優秀賞
『地球のエネルギー 共生』
神 のぞみ(じん のぞみ)さん 34歳 青森県

お題:エネルギー

地球上で人と動物で共生して楽しく暮らしたいとの願いを込めて描きました。そのエネルギーに使う地球の自然の流れは偉大である事を示す為に様々ないきものとの行き交い、ふれ合いを細かく表現する事が出来ました。

選評

地球を思わせる、水色と黄緑を基調としたやさしいタッチの作品です。人間、自然、動物が共生する理想的な地球の姿ですね。また、他の惑星や学校、お城など、細部まで可愛らしく丁寧に描かれています。


クリックで拡大

佳作
『「幸」の船、余市丸』
藤田 紗織(ふじた さおり)さん 31歳 北海道

お題:食

余市町は果物や海鮮等山と海の幸が豊かな町です。他にニッカウヰスキー、宇宙飛行士毛利衛さんの出身地等魅力が沢山詰まっています。七福の宇宙人がウィスキー海を余市という宝船に乗り楽しんでいる姿を描きました。

選評

北海道・余市のまちにある「食」の魅力が詰まった作品です。余市自慢の海産物が七福神と共に船に乗り、幸せを運んできてくれそうです。波のダイナミックさや食べ物のリアリティなど、描き分けられているのもポイントです。


< 入 選 >


  • 『何気ないところから』
    中学3年 東京都

    お題:エネルギー

    私の住んでいるところはいわゆる下町です。ちょっと歩くと古くなった家や工場、自電車。そして暖かい雰囲気、そんな雰囲気を活かした持続可能でエコなすてきな社会を目指していきたい。そんな思いをこめ書きました。


  • 『手作りの未来』
    50歳 広島県

    お題:食

    どんなに時代が発展しても食べるという行為は続くと思い、同時に希望も込めました。

展示のご案内

受賞作品はちゃやまちプラザにて展示されます。
ぜひお越しください!

MBS 会場風景

展示期間
11月1日(金)~約1か月間

ちゃやまちプラザ

〒530-8304
大阪市北区茶屋町17-1 毎日放送 本社M館1階

TOP