最新情報

2021.01.12

電力需給逼迫に伴うシン・エナジーの対応について ~需給バランスの安定化のために~

2020年末から寒冷な気候条件が続いたこと、および火力発電所向けの国内LNG(液化天然ガス)在庫が減少したことなどにより、全国的に電力の需給が逼迫している状況が続いております。あわせて、弊社の調達元のひとつである一般社団法人日本卸電力取引所(通称:JEPX)でのスポット取引価格も高騰が見られます。

今回の状況は過去に発現した瞬間的な事象とは異なり、当面続くものと考えられ、電力の需要量と供給量が一致しなくなった場合、大規模な停電が発生する可能性も払拭できません。供給量が上限に近づいている現在、わが国全体の電力需要量を抑制することが不可欠となっています。

シン・エナジー株式会社(以下、当社)は、これらの状況を踏まえ、需給バランスの安定化を目的として、弊社の電気をご契約いただいているお客様に、節電による電力需給改善へのご協力のお願いを申し上げます。

つきましては、当社と契約中の高圧需要家様で、当社に対し節電を宣言していただいたお客様には、2021年1月14日から2月28日まで、節電にご協力いただいた電力量に応じてインセンティブ(協力金)をお支払いいたします。詳細は別紙「インセンティブ詳細」の通りです。

節電型DR(デマンドレスポンス)開始

ご家庭などの低圧需要家のお客様につきましても、インセンティブを検討中です。

厳冬期にご不便をおかけするお願いとなり、誠に恐縮ではございますが、ご家庭・工場・オフィスなど電気の使用者の皆様におかれましては、現在の危機的な状況をご理解いただき、日常生活および業務に支障のない範囲で、できるかぎり電気の効率的な使用に努めていただきますようお願いいたします。

参考
一般社団法人日本卸電力取引所 スポット価格

添付
シン・エナジー株式会社 インセンティブ資料